2011年

8月

05日

マスコミに載らない海外記事

 

2011年8月 5日 (金)

 

 

セラフィールドMOX核燃料工場・閉鎖

 

 

福島原発事故の結果、混合酸化物燃料工場が閉鎖され、約600の雇用が失われる

環境担当記者、フィオナ・ハーヴェイ

guardian.co.uk,

水曜日  2011年8月3日 14.17 BST

セラフィールドMOX工場は、日本における福島原発事故の結果、閉鎖される。写真: PA

セラフィールドMOX核燃料工場は、水曜午後に閉鎖され、約600の雇用が失われる。

閉鎖は、日本の原発の多くを停止させ、世界中で原子力の見直しを引き起こした、3月に日本で起きた福島原発事故の結果だ。

工場の労働者は、水曜朝、彼等がセラフィールド・コンビナートの他の場所で再雇用される"見込みはかなりある"と言われた。

工場が完全に閉鎖するまでには、数ヶ月かかる予定だ。

ウエスト・カンブリアの混合酸化物(MOX)燃料工場は、1990年代初期に操業を開始して以来、イギリスの納税者に、14億ポンドの負担を強いていた。

原子力廃止措置機関(NDA)が運営する国営工場は、福島原発を含む、日本の原発業者を主要顧客として、原子力発電所で使用する、混合酸化物燃料を製造するために、建設された。

工場は1996年に建設され、2001年に操業を開始した。

NDAは、漏洩事故を起こしたソープ再処理工場も、プルトニウムとウランで出来ているMOX燃料製造に関与してはいるが、ソープ再処理工場には何ら影響はないとした。

NDA最高経営責任者トニー・ファウンテンは、水曜朝、労働者にこう語った。"この[閉鎖]の理由は、津波後に起きた、日本における悲劇的な出来事 と、原発市場に対し、現在も継続している影響に、直接関連している。その結果、わが社は、もはやこの施設の顧客も、資金調達も無くなった。"

工場は、英国民の税から資金を得ながら、"長年、期待はずれの実績"に苦しんできたことを、彼は認めた。工場を維持しようという近年の試みの鍵は、 日本の電力会社による、核燃料を再利用するという約束と、卓越した研究拠点としての"英国への支援だったと、彼は語った。日本の原子力産業が危機に瀕して しまい、この手段は、もはや実行可能でなくなった。

ファウンテンはこう語った。"最初の燃料受取人になるはずだった、中部電力所有の浜岡原発は、大規模な強化工事待ちで、現在閉鎖中だ。中部電力に加 え、東京電力が、工場の製品の50%を引き取ることになっていたが、東京電力は福島原発の所有者として、極めて険難な課題に直面していることは明らか だ。"

日本の原発業者が、福島原発事故の後、持ち直しそうもないことが明らかとなるにつれ、工場の将来に関する憶測が、ここ何ヶ月も広まっていた。

NDAはこう語っている。"[我々は]、英国の納税者が、[セラフィールドMOX工場]によって、将来、財政的な負担を決して負わずにすませる為の、唯一妥当な措置は[セラフィールドMOX工場]を、できるだけ早い機会に、閉鎖することだと結論を出した。"

NDAは、同社は日本のプルトニウムは、安全に保管し続け、"今後、彼等の物質の再利用に対する日本の電力会社の方針を支援するための、責任ある対策について、日本の顧客と話し合いを進める予定だ"と語った。

政府は、別途、MOX燃料として、再利用が可能なものも含め、英国のプルトニウム保有に対処する政策の選択肢に取り組んでいる。

現地選出の労働党議員ジェイミー・リードは、セラフィールドに新MOX工場を建設する候補案詳細を提示するよう政府に要求した。"新MOX工場をで きるだけ早く提案することが、絶対に不可欠だ。MOX燃料の市場は存在し、拡大しつつあり、イギリスのプルトニウム処理戦略は、そのような施設に依存して おり、業界はそれを必要としている。"と彼は語った。

彼は、"大喜びのハゲタカ"が、工場閉鎖決定につけこむ可能性を警告し、"国家的に、新MOX工場は絶対に必要だ"と主張した。

 

記事原文のurl

 www.guardian.co.uk/environment/2011/aug/03/sellafield-mox-plant-close

 

0 コメント

2011年

5月

03日

子供を被ばくさせるな!北海道・銀山・仏法医術と無痛骨盤調整、 心と体を癒しす「あんごの森」

 
「・・・原発関係では3兆円の積立金があります。年3000億円近い原子力発電の開発費もあります。・・・」

 こういったお金は、賠償に使わないのかな・・・

 あらゆる天下りの役員報酬(ほとんど出勤もせずにもらうお金でしょ?税金でしょ!)も、上手に回す方法はないのかな・・・


 慶應義塾大学経済学部教授・金子勝先生のツイートからです。    
 http://blog.livedoor.jp/kaneko_masaru/

 
 東電が他の電力会社と政府支援で2兆円、電気料金16%引き上げで計4兆円の賠償案を政府検討。放射線積算データも出さず4兆円だと勝手に決めて電力改革もなし?
http://www.asahi.com/business/update/0502/TKY201105020519.html


 事故調査委員会で東電と経産省の責任を明確にし、賠償のための調査実施が不可欠。発電と送配電の分離を実施し、送配電は統合してスマートグリッ ドを促進、再生可能エネルギーへの全量固定価格買取制度の本格導入で投資を呼び込む電力改革も必要です。そして原発国有化で巨額の開発費を賠償に廻すべ き。


 環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が指摘するように、原発関係では3兆円の積立金があります。年3000億円近い原子力発電の開発費もあ ります。 40年経った老朽原発や危険な原発を停止した廃炉コスト、あるいは必要な安全投資もたしかに必要ですが、残る部分ははき出させる必要があります。

 
 明日早朝、NHKラジオの「ビジネス展望」で事故調査委員会はどうあるべきか、何を検証の対象とするべきかを、しゃべるつもりです。賠償案を先 行させ、責任も被害も不明確なまま、原子力行政の検証もないまま、現状の電力行政を生き残らせては、日本は再生できません。ブログもアップします。

 

 

0 コメント

2011年

1月

14日

ネパールへ行ってきました!(3)

車イス・バックパックを運ぶ
車イス・バックパックを運ぶ

 ネパールの空港から、いつものように荷物を見にバスへ積み込み、ホテルへ向かいました。

 と、言う訳には行きませんでした。

 今年まで、十数回、荷物を運んでネパールへ・・・

 今回初めて、車イス以外の荷物、ダンボール箱にして25箱、全てネパール政府に没収!!!

 理由は?

 「ネパール政府に許可を貰っていない、持ち込み許可証がないとダメ!」とのことでした。

 「毎年、障害者の施設や保育所に届けている、今年で14回も届けている、去年もOKだった、それなのになぜ???」

 「許可しょうがないとだめ!」

 役人風のおっさんが2たり、1人の方は「それなら良いだろう」というような様子。

 でも、もう1人役人は「だめ!!!」

 日本大使館へ電話をさせても、「ダメ!」

 知人のネパール人「モティさん」に、いろいろと交渉をしてもらったり、ネバッテはみたものの・・・

 結局「2台の車イス」だけ持ち込みOKとなりました。

 自分たちのバックパックと2台の車イスを、ミニバスに積み込み空港を後にすることとなりました。

0 コメント

2011年

1月

14日

ネパールへ行ってきました!(2)

羽田国際線で
羽田国際線で

 1月4日、新千歳から羽田空港へ。

 

 羽田空港で荷物の積み替えです。

 

 羽田の国際線へ移動、チェックイン直前の様子です。

0 コメント

2011年

1月

14日

ネパールへ行ってきました!(1)

新千歳空港で荷物を運ぶ様子
新千歳空港で荷物を運ぶ様子

 1月4日、ネパーへ向けて新千歳空港を出発。

 北海道から8名、羽田で神奈川からの1名(マイミクのパンナさん)が合流し、総勢9名で、行ってきました。(写真 中央 こんなメンバーです)

 車イス2台、古着、タオル、ぬいぐるみ、寝具、石けんなど、ダンボール箱25箱を運んでいきました。

 最も貧しい階層の子供たちが通う保育所「ジョティ・ケンドラ」と、知的障害者デイセンター「セワ・ケンドラ」へ届けるために。

続きを読む 0 コメント

2010年

11月

20日

北海道・観光・ 癒し・健康的食と宿泊・無二的実践・生涯スポーツ・仏法医術・無痛骨盤調整

 


 17日、久しぶりに岩内町方面(北海道後志管内岩内町)へ行きました。

 積丹半島と泊原発がきれいに見えました。

0 コメント

2010年

11月

20日

冬・北海道・グルメ・健康的な食・免疫力UP・自然治癒力UP・無痛骨盤調整

手づくりお節です
手づくりお節です

 毎年12月23日に、我々のNPO「銀山さわやか福祉NPO」では、地域で暮らす「高齢者世帯」「知的障害者」の方達に、「おせち料理」をプレゼントさせて頂いています。

  
 小さな地域ですので、150食程です。

 
 作って・お届けするのは、これまた地域の「高齢者・障害者・女性や子供たち」、約20名程が参加してくれます。

 
 10年以上もこんな活動を続けさせて頂いています。

  
 ほとんど、手づくりの料理です。

 それに、お赤飯をつけてプレゼントです。

 障害者の皆さんは、作るのも、頂くのも、どちらもとても楽しみにしています。
 

 
 こちらは、チョット高級なおせち料理です。
 
 「年に1度くらいは、贅沢を!」という方。

 JRタワーホテル日航札幌の『二段おせち』はいかがですか。

 のぞいてみて下さい。
 http://www.jrhotels.co.jp/topics/topicsDetail.aspx?f=l&mode=12&tno=1038&rc=&k=20101023012131

0 コメント

2010年

11月

11日

北海道、初雪で白樺がグンニャリ

 10月の初雪で、木が折れたり、曲がったりです。

 まだ、木の葉が沢山ついているうちに初雪が降り積もり、しかも、湿った重い雪のために折れたり、曲がったりのようです。

 

 丈夫な白樺たちです。

0 コメント

2010年

11月

11日

冬の北海道の健康的な食、無痛骨盤調整と健康な食事

 地元、銀山の農家のから、ニシン漬け頂きました。

 大根、人参、キャベツ、ショウガなど、ニシン以外は当然自前です。

 そして、麹も、自前の米を麹屋さんに持って行き、造ってもらっているということです。

 美味いニシン漬けです。

 今日は、久しぶりに一杯やりましたが、肴はニシン漬けのみです。

0 コメント

2010年

10月

31日

免疫力を高める勉強会

 10月30日、

 「銀山の誰でも参加できるやさしい勉強会」

 「第5回 郷先生勉強会」 無事終了しました。

 地域の高齢者の方、障害者の方、子どもなど、総勢30名の参加でした。

 

 免疫力、自然治癒力、育成遠赤外線、疲労物質を取り除く、人間の体はプラスとマイナスの電気から・・・、などなどをキーワードに楽しい勉強会でした。

 
 勉強会〜公開治療〜懇親会と、楽しい一時でした。

 皆さん、ありがとうございました。

 感謝・感謝・感 can 謝share!

続きを読む 0 コメント

2010年

10月

26日

銀世界・北海道、 癒し・健康的食と宿泊・無二的実践・生涯スポーツ・仏法医術・無痛骨盤調整「あんごの森 銀山」

 昨日の風景とは、うって変わって、銀世界です。

 

 こんな銀山で、癒し、健康回復してはいかがですか・・・

 

 写真は、昨日アップした場所と同じですよ。

0 コメント

2010年

10月

26日

初雪・北海道仁木町銀山、 癒し・健康的食と宿泊・無二的実践・生涯スポーツ・仏法医術・無痛骨盤調整「あんごの森 銀山」

 初雪・北海道仁木町銀山です。

 

 異常に暖かかった10月の銀山でしたが、ついに雪がふりました。 

 

 朝から、薪ストーブが全開です。

0 コメント

2010年

10月

26日

癒し・自然・北海道・健康的食と宿泊・無二的実践・生涯スポーツ・仏教医術・無痛整体、「あんごの森 銀山」

 銀山の朝日です。

 

 「The early bird catches the worm.

 

 「早起きは、三文の徳・得」

 

 早朝、朝日が昇る直前の小鳥たちがさえずり始める時、この時が心身には最高に良いらしいですね。

 

 銀山に来て、三文の徳をつむ、或は、三文の得する、どちらでも体験しに来て下さい。

 

 

 

 

0 コメント

2010年

10月

24日

紅葉・癒し・自然・北海道・美味しい食事・宿泊・無二的実践・生涯スポーツ・仏教医術・無痛整体、「あんごの森 銀山」

 うつ病、及び、その予備軍が激増しているようです。 

 

 ハープの「魔の16ヘルツでうつ病が激増!」なんて話しも、ネットに載っていましたが・・・

 

 

 これは、神様???

 

 見ていると、やんわりしてきます。

 

 皆さんも、この神様で「やんわり・ユルユル・ほんわか」して下さい。

 

 植物・自然も「ほんわか」させてくれます。 

 

 北海道 仁木町銀山の「あんごの森銀山」へ、一度来てみて下さい。

 

0 コメント

2010年

10月

24日

秋・紅葉・自然・健康・癒し・気づき、北海道、仏法医術、無痛整体の「あんごの森銀山」

 紅葉・大自然の北海道・仁木町の銀山で、健康回復しませんか。

 

 腰痛、股関節痛、五十肩、頭痛、背中痛、膝痛、下肢痛、目の疲れ、

そして、リウマチやパーキンソンなどなどにも効果があります。

 

 うつ状態の方、鬱になりそうな不安な方・・・

 

 秋の森林をゆっくりと歩く、マラニックが一番です。)

 

 癒しの山に中を、楽しく歩く。

 

 毎朝歩いているマラニックコースの野草です。 

 

 ナイト ウォークしながら、デジカメ撮影です。 

 

 

 

 いかがでしょうか・・・

0 コメント

2010年

10月

23日

紅葉と癒しのウォーキング、仏教医術と無痛骨盤調整整体

夜写した道ばたの野草
夜写した道ばたの野草

 紅葉の北海道・仁木町の銀山で、健康回復。

 

 腰痛回復、股関節痛改善、肩こり、頭痛などなど。

 

 骨盤調整、健康回復・維持・増進には、ウォーキング(マラニックが一番)

 

 癒しの山に中を、楽しく、ワイワイと歩く。

 

 毎朝歩いているマラニックコースの野草です。 

 

 夜デジカメ撮影してみました。 

 

 ピンぼけもありますが、昼間撮った写真とは違った味わいがあると思います。 

 

 いかがでしょうか・・・

0 コメント

2010年

10月

05日

癒し北海道・自然治癒力・免疫力アップ、代替医療(仏法医術・無痛回復療法)

 小樽は塩谷の夕日&夕焼け。

 

 心身の癒し・回復に良いと思いますが・・・

0 コメント

2010年

10月

03日

癒し環境 北海道、仁木町銀山で、自然治癒力・免疫力アップ

 北海道仁木町銀山は、まだまだ自然がたっぷりです。

 

 毎朝、ウォーキングをしているコースを、「日本ザリガニ」がななめ横断しています。

 

 

0 コメント

2010年

10月

03日

代替医療・癒し・健康・仏法医術・自然治癒力・免疫力

 政権が変わって、1年と少し、管政権になって逆戻り???

 マニフェストを貫こうとしているのは、小沢さんなのではないでしょうか???

 それが都合悪いので、官僚、検察、警察、マスコミ、アメリカ、みんなで阻止して・・・

 

 最近変わった雲をよく見ます。

 こんな雲が・・・

0 コメント

2010年

9月

29日

温泉・ウォーキング・ランニング・健康・自然

 ウォーキング・ジョギング・マラニックコース「秘湯・ニセコ黄金温泉コース」紹介! 

 

 ニセコアンヌプリ、羊蹄山(蝦夷富士)、ジャガイモ収穫作業、豆畑などなどを眺めながら、爽快な気分で歩く・走ることができます。 

 

 そして、歩いた後に、秘湯黄金温泉で汗を流して・・・

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

27日

仏法医術修練・健康・自然治癒力・免疫力

 京都で仏法医術を、また少しだけ学ばさせて頂きました。

 この度は、妻と2人で、学ばさせて頂きました。

 末期ガン、重度のリュウマチ、原因不明の病気、様々な方達が、明るく治療をしておりました。

 また、末期ガンが消えた方なども来ており、「ここで治るよ」といったお話を、治療に来ている方にお話しします。

 そうすると、「喜べば、喜び事が、喜びて、喜び集めて、喜びに来る」こんな場となり、「場が治してくれる」といったぐあいになるようです。

 品川和尚には、いつも、大切なことを教えて頂いています。

 感謝・感謝・感can 謝share! です。

0 コメント

2010年

9月

27日

今年も、マスが遡上

  マラニックコースの、我が家の当たりの余市川に、今年も、マスが遡上してきました。

 

 何十匹もいマス。 

 

 中には、紅くなっているのも。 

 

 写真でわかりますか? 

 

 「今年も無事に来てくれました」って感じです。 

 

 サケの遡上はもう少し後になります。 感謝・感謝・感can 謝share!

0 コメント

2010年

9月

24日

満月・中秋の名月

 23日18時頃、月の輝面比(月面の輝いている部分の比率)100%の時間です。

 銀山から見えた満月です。

 まだ、黄昏前の薄明るい中、満月が表れました。

0 コメント

2010年

9月

24日

朝日岳・十勝岳・羊蹄山は初雪、朝もやマラニック

 羊蹄山、朝日岳、十勝岳は、初冠雪。

 

 私たちは、最近の6時15分は、朝もやの中です。 

 

 そんな幻想的な中、マラニックを楽しんでいます。

0 コメント

2010年

9月

22日

マラニックのあとに「秘湯、薬師温泉」

 人里離れた、「奥の方にある」温泉です。

 

 本当に、「秘湯」って感じでした。

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

22日

マラニックコース 4

  ニセコパノラマラインも良いコースでした。

 登って、下って、1時間20分程楽しみました。

 

 写真正面は、「蝦夷富士=羊蹄山」です。


 路肩の野草もいろいろでした。

 帰りに、「秘湯、薬師温泉」に入って帰ってきました。

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

19日

余市町「シリパ岬」の夕焼け1

 8月下旬、余市町「シリパ岬」の夕焼けです。

 夕日・夕焼けのキレイな岬です。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%91%E5%B2%AC

0 コメント

2010年

9月

19日

神事2

 11時からは、エマの前の砂浜で行なわれた、神事の様子です。

 詳しくは、エマへ行ってオーナーに聞いて下さい。
 http://emer140.jp/

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

19日

神事

 8月のある日、余市のエマで「神事」が行われました。

 あさ6時、先ずは余市のある山で、「アシリ・レラ」さんによるお祈り。

 無念の死によって、さびしがっていたアイヌの人達の魂を、鎮めるお祈りのようです。

 11時からは、エマの前の砂浜で、龍神のエネルギーを通すお祈り。

 どちらも初めての体験でした。

 詳しくは、エマへ行ってオーナーに聞いて下さい。
 http://emer140.jp/

 

0 コメント

2010年

9月

19日

マラニックコース紹介3

 走っても、歩いても心地良いコースを見つけました。

 昨年開通した、赤井川村から、倶知安にぬける「メープル街道・国道393」です。

 赤井川村の都 郵便局から、トンネルまで、ちょうど10kmです。

 深い緑の中を走る・歩くのは、本当に気持ちいいです。

 もちろん、妻はランニング、私はマラニックです。

 帰りは、赤井川温泉、源泉掛け流し、熱い温泉は400円です。

 

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

08日

仏法医術と生涯スポーツ「癒し・健康 ウォーキング(マラニック)コース紹介」2

 妻の北海道マラソン向けのトレーニングコースです。

 盃温泉 駅あたりからの、登りのみ10kmほど走りました。
 
 妻が走り、自分とあんごの森のメンバーは、ウォーキング(マラニック)、時間は約70分間でした。

 この日は、雨の中を歩きました。

 自然の中は、いつでも快適・心地良い、良いコースです。

 終了後は、鯉川温泉に入りました。

 そして、みんなで、ネパール料理レストラン&ペンション「ビスターレ・カナ」でネパールカレーを食べて帰ってきました。

「ビスターレ・カナ」です。
 http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AC3;%E3%82%AB%E3%83%8A&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

 

 

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

08日

仏法医術と生涯スポーツ「癒し・健康 ウォーキング(マラニック)コース紹介」

 妻が、北海道マラソンに向けトレーニングしたコースです。

 蘭越町から新見温泉まで、登りのみ10km程走りました。
 
 もちろん、妻だけです。

 自分は、ウォーキング(マラニック)、時間は約60分間。

 銀山も自然でいっぱいですが、銀山よりも森が深く、「抱かれている」感じが心地良いコースです。

 終了後は、新見温泉本館に入り、帰ってきました。

 

 

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

07日

北海道マラソンに向け

 8月、北海道マラソンに向け、練習していたコースです。

 

 北海道のメープル街道(国道393)です。

 

 練習は、私でなく、妻ですが、北海道マラソンに向けトレーニングです。

 自分は、妻が走っている間、60分間ウォーキングでした。

 銀山も良いですが、ここも心地良いコースです。

 終了後は、赤井川温泉に入り、帰ってきました。

続きを読む 0 コメント

2010年

9月

06日

雨の日

 雨上がり、マラニックの途中で、カタツムリの足跡発見。

 

 おもしろいです。

0 コメント

2010年

9月

06日

癒し・健康コミュニティづくり実践

 「毎あさマラニック会」開始しています。

 

 私たち「銀山さわやか福祉NPO」が主催です。 

 

 いつも参加して下さる方達は、知的障害者の方、地域に高齢者、主婦、などなどです。

 

 往復3km、50分かけて、楽しくマラニックしています。

0 コメント

2010年

9月

06日

大雨 北海道

 今年は、雨が多い北海道 銀山です。

 

 我が、あんごの森の、畑(ブルーベリー、なす、トマトなど)は、大水で水浸しです。

 

 粘土地の田んぼだった所を使用しているので、特に水はけが悪いようです。

0 コメント

2010年

9月

06日

まだ ホタルが飛んでいます

 「ホタルステーション銀山」では、まだ、少しだけホタルが飛んでいます。

 

0 コメント

2010年

9月

06日

「シリパ岬」の夕焼け

 8月、北海道余市町「シリパ岬」の夕焼けです。

 夕日を写しそこなってしまい、何とか夕焼けだけ写せました。

0 コメント

2010年

9月

04日

カエルの特等席


 

 我が家の、「オクラ」の葉っぱの上に、陣取っているカエルです。

 居心地が良さそうです。

0 コメント

2010年

8月

12日

京都に行ってきました(4月)

 また少しだけ、仏法医術の、基本といいますか、ほんの入り口といいますか、少しだけ学ばさせて頂きました。

 勉強になりました。

 仏法医術は、実践業です。

 大勢の人の不調の改善に役立てることができればと、思っています。

 ディメンション オペも、ほんのほんのほんの少しだけ、感触が分かったような・・・。

 4月14〜16日、ここには、ガンや難病、うつ病の方、回復をめざして沢山来ていました。

 また、ガンや難病を克服した人達も来ています。

 みんなで、楽しい昼食をとります。

 とれたてのタケノコの天ぷら、これは、北海道では絶対に味わえない「絶品」でした。

 感動物でした。

 その他、とれたてわらびのお浸し、たらの芽・みつ葉・ヨモギの天ぷら、タケノコご飯。

 治った人も、病気の人も、楽しく、美味しく食べて、「喜びの場」ができあがります。

 「喜びの場」ができると、人はどんどん「不調」から回復することができます。

 「喜べば、喜びごとが、喜びて、喜び集めて、喜びに来る」

 場が、回復をさせてくれます。   感謝・感謝・感can 謝share、です。

 

 

0 コメント

2010年

8月

12日

仏法医術四方山話4

★量子エネルギー

◎細胞膜と光(情報)が、最も尊い
 =内幕→遺伝子からの過去の光=情報       
  外幕→空間からのフォトン=情報

 

 

◎「電子」→空間の電子と、身体の電子を、交換しながら生きている
     →電子が無くなる訳=ストレス、マイナスなことを考えると、疲れ

      過ぎて電子が放出してしまう
     →空間から、取り込める人は元気
     →取り込める人=良い睡眠をよくとる、自分のリズムを持つ
     →病氣のことを耳もとでささやかれると、疲れて電子が放出して

      しまい、病氣の部分・臓器などに回る電子が足りなくなる

      
◎「念波」→空間に飛び交っている
      光よりはるかに速く、空間を飛び交っている
      次元の違う所にも飛び交っている

◎量子コンピューター=間脳にある
 
◎レプトン、ニュートリノ
 →治療は、これらの電子の補給だけに努める

◎光の出口→人間は、神の光(空間の情報)をうつす器、光の出口

 

 

0 コメント

2010年

8月

12日

仏法医術四方山話3

 ★仏法医術 四方山話 「病氣と場」について

◎「場」

 ・外の情報と内の情報が一つになることを「場」という
   
 ・施術する人、される人、喜んで過ごすこと=「場」という
   
 ・三位一体—「施術する人、される人、場」がフィフティー

                      フィフティーのバランスーエネルギーとなる、

       「場となる」

◎「場をつくる」—「いい雰囲気」「いい気分」「良い場所」

◎「場」—あらゆる次元が、喜びによって出ている

◎「場」ーゆるやかな横の波
   「私が診てやる」→これではだめ、施術に来ている人

   達と同じ目線「我(われ)」をなくして施術をする
   
◎「場が喜ぶ」→喜んでいる「場」に入るだけで回復する

◎「場」—遠くに求めるものではない

 

◎「回復する場」—気持ちの良いところ、安心できるところ=人が集まる

◎「知恵の場」=昔はどこの地域にもあった、人が集まった「治す・癒す」などする智慧の

        場があった、現代人は孤独の群衆、一人で決める・自己責任—でも、過程

        でアドバイス必要

 

0 コメント

2010年

8月

12日

仏法医術四方山話2

 仏法医術四方山話(品川和尚のCDより)

◎仏法医術の基本=「栄養」「衛生」「睡眠」
 ●「栄養」—点滴はだめ、点滴だけの人は回復できない
    ・高カロリーの点滴をは、機能が働くことを忘れてし

     まう(大きな手術の直後などは、やむを得ない)
    ・口からおかゆ等、一口でも食べる人は回復していく

    ・動物は、口がある、食べることで、内分泌(唾液)

     など、あらゆる機能が働き始めて、回復の方向に進

     んでゆく
    ・また、消化器が強いと回復する
 
 ●「衛生」—口の中汚いー朝の口の中はどぶ川の100倍の汚さ、まず口の中を洗ってから

             水を飲む(朝まず、口をすすぐ・歯を磨く=健康に良い)
                ↓
       これらのことは、解っていない
  
       ※例えば:歯周病の人は=糖尿病になる
       ※人間の皮膚には、1㎠の中に100万個の常在菌がいて、守ってくれている

 ●「睡眠」—無意識(深い)の睡眠
       =無意識はデルタ波、ここに入るまでに歪みが出て行き、入ってしまうと、

        病名に関係なく、すごいスピードで回復していく(病氣は出て行く)

       (ガンも消えていく)
       =3次元(病氣のある世界)〜4次元(病氣の無い世界)を、行ったり来たり

        しながら

 

0 コメント

2010年

8月

12日

仏法医術四方山話

 仏法医術では「病氣」の状態のことを、「四大不調」といいます。
  
 四大とは「意識・内分泌・血流・免疫」のことです。

 四大不調とは、「意識・内分泌・血流・免疫」バラン

 スを崩している状態のことです。

 生きているということは、「氣・血・水(内分泌)」が、とどこおりなく回っている・動いていることで、これが生態システムです。

 「氣・血・水(内分泌)・免疫」が動いている状態が生きている、点(止まる)・フラットになるになるとダメです。
       
 「氣・血・水(内分泌)・免疫」のハーモニー・バランス良く動いていることが大切です。

 病氣からの回復は、心と体の歪みを出して、「氣・血・水(内分泌)・免疫」が元の状態にもどることです。

 

 

0 コメント

2010年

8月

12日

京都に行ってきました(2月)

 京都に行ってきました。

 また少しだけ、和尚さんから「仏教医術」について教えて頂きました。

 「物理、宇宙、の基本的なエネルギーの流れる方向・力の働く方向ががある。必ず反対方向に向かう力が働いているから、できるだけ欲を少なく進むのが良い。流水濁らず!」

 仏教医術とは、「困って尋ねて来た人があれば、何もしてあげられることがなくても、せめてご飯の一膳でも良いから食べて頂く、そんな場づくりに始まり、場づくりに終わる。」ことであると言っておりました。

 分かるような、分からないような、深いお話を頂きました。  感謝  

 

 

0 コメント

2010年

8月

12日

京都へ行ってきました

 深〜い、言葉です。

 実践しましょう。

0 コメント

2010年

7月

01日

銀山の夕焼け(6月26日9)

26日、あんごの森の皆さんと、我が家の家の前で、一杯やっていました。

 5〜6人で飲んでいたにが、最終的には11人になっていました。

 隣や向かいのケアホームから、1人増え、2人増えと・・・

 18時30分頃から、21時過ぎまで、楽しい一時でした。

 あまり見ない変わった雲の夕焼でした。     キレイな夕焼けでした。

 

 

0 コメント

Hey Visitor!